FC2ブログ
イツマデモ アルトオモウナ オヤトカネ
      

プロフィール

えりざべす

Author:えりざべす
A氏(21)♀福島県郡山市在住
・服のテイスト定まってない
・遅刻魔
・体力と免疫力がない
・ある意味美大生

好きなもの
・椎名林檎/東京事変
・ASIANKUNG-FUGENERATION
・中田ヤスタカ
・梅干し、酢酸物
・麺類

リンクはお好きに。ご報告頂ければ張り返させて頂きます。
此方は創作専門ブログです。
詳しいプロフィールは此方

壁紙に掛け時計内全ての読み物の転載を禁じます。
イラスト等でのみ、引用希望の場合はコメント欄から必ずご一報下さい。
詳しくは此方

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

今年もいちばん長い季節がやってきた
数ヶ月前まで、淀んでいた空気は
とうに南へ
2人の影のばす、月の笑顔が高くて見えない

わたしの気持ちはどこへ行った?
冴えない勇気持ち合わせて

自分から告げたさよなら
いまさら「やっぱりあれは嘘だった」
わたしにもあなたにも
となりには違う影がのびていく
今夜も同じ月が、4人の影のばしてく

心ではまだ好きだよ
でも目の前の今もとても好きなの
こんなこと言ってもだれも
わかってはくれないかな
いつまでも心だけ傷んでいくかな

わたしの気持ちはどこへ行った?
冴えない勇気持ち合わせて

スポンサーサイト



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


各駅停車の電車に乗って
きみのまちまで
まだ灯ったばかりの街灯がとんでいくよ
押しボタンのドアで乗降
このホームに立つと胸がきしむ

人の手の改札を抜けると
待合いベンチにきみの姿

手をつないで、ここからは
路側帯をふらつきながらあるいていく
細いうで、少し頼りないけど
はなしたくないと思ったの

同じ時間はもう過ぎてって
きみを見送った
もうひとりで歩く帰り道の暗闇にも
慣れたよ戸締まりをして
このホームに立つと胸がきしむ

乗り込む前に後ろを見る
待合いベンチに知らない人

手をつなぎたい、いますぐに
なるべく明るい夜道をため息ついていく
ひとりでも、歩いて行けるけど
一緒がいいって思ったの

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

* HOME *
BrownBetty