FC2ブログ
イツマデモ アルトオモウナ オヤトカネ
      

プロフィール

えりざべす

Author:えりざべす
A氏(21)♀福島県郡山市在住
・服のテイスト定まってない
・遅刻魔
・体力と免疫力がない
・ある意味美大生

好きなもの
・椎名林檎/東京事変
・ASIANKUNG-FUGENERATION
・中田ヤスタカ
・梅干し、酢酸物
・麺類

リンクはお好きに。ご報告頂ければ張り返させて頂きます。
此方は創作専門ブログです。
詳しいプロフィールは此方

壁紙に掛け時計内全ての読み物の転載を禁じます。
イラスト等でのみ、引用希望の場合はコメント欄から必ずご一報下さい。
詳しくは此方

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

ついいじってしまうくせがついたのは
あなたがくれた戯言のせいよ
ふとしたときに目に入る拘束されてない
薬指が少し淋しいのは気のせいよ

返したものはどうしたのかしら
あたしとの思い出とかあげたストラップと
一緒に捨てたの

暑い季節を過ごしたからかな
薬指の根元だけが少し白いのは
あなたを恋しがってる瞳がそう見せるのかな
ああ、でもこんなに忘れようと
心がしてる
違う指輪であなたを忘れようとしてる

スポンサーサイト



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


あまり休んでるところを見たことないけど
あまり笑ってないとこを見たこともないよな

初めて聞いたあなたの溜め息
気付かないふりして、いつのまにか
せめて感謝すべき日さえ忘れてしまっては
低い声で棘を返してた

本当はね、わかってる
自分の幼さを、素直になれない心を
落ち着いた頃に後悔する
無償に愛してくれたあなたを傷つけてしまったこと
それでも、あなたは次の朝も
笑って見送ってくれたよね

今でも間に合うかな
あなたを無償に愛するのには

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


高速バスを乗り継いで着いた場所が
たまたま君の街でありますように
そう願って飛んでく景色
眺めるぼくごと写す窓

流れた夜這い星
願い事1回半で消え去った
最初から叶えるつもりないなら
期待させるのやめてよ

退屈だった日さえ光溢れる日常に変えてくれた
退屈だったぼくさえ光溢れる瞳に変えてくれた
君がまた、傍でまた
息をしてくれるのを願うけど、叶うかな

目を閉じれば君の寝息が聞こえそうで
もうすぐ、君の眠る街にたまたま着きます

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


最初にすれ違った街角は
今もコーヒーショップ
君と別れたここ1年で変わらないのは
これだけ

ぬるいコーヒーを啜りながら
感傷に浸るのがあの頃の僕で
どうしようもなく疲れきってた

さよならと言いだせずに
結局君に言わせた
傷つけずに終わらせることなんて
無理だと思ってた
だけど気持ちは冷めきっていて
逆に傷つくことなど何もなかった


最初に会う約束をしたときの
君の香りは
今も香水売場で平然と並んでる
これだけ

ぬるいコーヒーは混ぜたミルクが
浮いてきて飲む気も失せる
どうしようもなく

さよならと言いだせずに
結局君に言わせた
傷つかないで終わらせることなんて
容易いと思ってた
だけど気持ちは消せなくて
逆に自分で大きく傷をつけた

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

* HOME *
BrownBetty