FC2ブログ
イツマデモ アルトオモウナ オヤトカネ
      

プロフィール

えりざべす

Author:えりざべす
A氏(21)♀福島県郡山市在住
・服のテイスト定まってない
・遅刻魔
・体力と免疫力がない
・ある意味美大生

好きなもの
・椎名林檎/東京事変
・ASIANKUNG-FUGENERATION
・中田ヤスタカ
・梅干し、酢酸物
・麺類

リンクはお好きに。ご報告頂ければ張り返させて頂きます。
此方は創作専門ブログです。
詳しいプロフィールは此方

壁紙に掛け時計内全ての読み物の転載を禁じます。
イラスト等でのみ、引用希望の場合はコメント欄から必ずご一報下さい。
詳しくは此方

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

紅い時間、黒い影
ビルの谷間に逃げ込んだからすを
追いかけて見失った
夢はもういらないやあ

白いレースのスカートは
あなたの唯一のお気に入り
わたしの悪趣味の中で

もっと強く、引っ張ってくれていいよ
そうだ。根が絶えるまで
繋いだ手ももう必要のないカモフラージュ
薄く積もる塵

哀しまないでね、わたしはまだ此処にいる
望んでいなくとも

スポンサーサイト



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


繋いだ手の隙間から覗く春風が疎ましい
これ以上青くなんてならないでと
空に申し訳ございません

薄い酸素、塩分濃度、デパート地下
ナイタラオワリヨトササヤク

捕らえないで、捉えないで
そのしなやかな脚で
あたしを追いかけられたらもう逃げられない
薄い涙は濃い愛を消してはくれない
ねえ、一層芥子てほしいなあ

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


中々繋げなかった手で
恥ずかし気を振り落とす
離れたくない帰り際
大きな背中をひっぱった

君の肩から観る空は
途方もなく綺麗だったよ

中々寝付けない夜に
今すぐ逢いたいと困らす
街に響いた足音に
胸を高くして駆け出した

君の隣で観る空は
途方もなく狭かったんだね

あの河原に行けば君に会える
赤い頬にキスをしたのは
コスモスの噂のタネ
またねと指切りをして
遠退く足音が家に蛙まで
耳を澄ますのが唯一の恩返し

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


さようなら告げた唇が少し重たい
もう何日も前から決めていたことなのに
離すものかと繋いでた手をわざと離した
トンネルに似た暗闇の思い言ってしまえば
光に触れられるだろうと信じていたのに
まだ光は見えない

君を疎ましく思ったのは丁度二ヶ月前のことでした
君の自慢の長い髪も口癖の『別に』も全て
疎ましく感じ始めたら
そこからはあっけなく堕ちた想いでした

言った後の君の顔が一瞬揺らいだのは気のせいかな
すぐにいつもの強い顔に戻って
抵抗も反論もしない君の唇

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

* HOME *
BrownBetty