FC2ブログ
イツマデモ アルトオモウナ オヤトカネ
      

プロフィール

えりざべす

Author:えりざべす
A氏(21)♀福島県郡山市在住
・服のテイスト定まってない
・遅刻魔
・体力と免疫力がない
・ある意味美大生

好きなもの
・椎名林檎/東京事変
・ASIANKUNG-FUGENERATION
・中田ヤスタカ
・梅干し、酢酸物
・麺類

リンクはお好きに。ご報告頂ければ張り返させて頂きます。
此方は創作専門ブログです。
詳しいプロフィールは此方

壁紙に掛け時計内全ての読み物の転載を禁じます。
イラスト等でのみ、引用希望の場合はコメント欄から必ずご一報下さい。
詳しくは此方

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

急いで塗ったエナメルは
光に透かすとムラと塗り残しが
目立って、あまり見ないでほしい
見せる人がいない今では
ひとりあそびのおもちゃに等しい

あたしは明日も飛んでいたい
こんな檻に閉じ込めないで

こんな小さい窓からでは
あなたの不幸も看取れない
あたしが今、風になれたら
それに乗って飛んできてね
あたしはあなたを加速させる
終には二人熱になって溶ければ良い
ねえ、月のうさぎと友達になりたいわ

スポンサーサイト



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


蒸し暑さが肌を撫でる初秋
ずれ始めた暦はもうあてにならない
朱く染まる空も包めて温度を
連れ去るような真似は私には難しい

ねえ 早く迎えにいらして
どうぞ 此処まで、邪魔ならさせない

こんな薄暗い虹の下で
然様ならと云つた君に祝辞を
そういう空気には捕われないとでもいうように
嗤つて明日を待つ君に批判を
少し傷でも付けば善い
治らないことは二度とないのだから

ねえ 早く連れていらして
どうぞ 何処でも、邪魔にはならない

こんな浮き世の雨の下で
然様ならと云つた君に見舞を
全て切り取る瞳は手放さないとでもいうように
据えて昨日を見ぬ君に時間を
自由に飛んで回るなら
私の方へも来てくれるでしょう?

云い聞かせて望んだものを全て与える夜に
全部盗つてほしいと云うのも仕様のない束の間

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


伸び過ぎた爪が君の心を掻き
知らぬ間に傷つけてた
今も傷は痛むかい?

伸び過ぎた髪が僕の鼻を掠り
知らぬ間に愛してた
今も香りは残って

ねぇ、そんなに泣きそうになったら
今まで我慢してたのに全部溢れそう

君の声、空を越え、今僕に届く
もっと聞かせて本当の気持ち
僕の声、空を越え、今君に届く
もっと伝えたい本当の気持ち
君の声、風に乗せ、今僕に届く
溢れ出したって良いよ、掬いあげるから
僕の声、風に乗せ、今君に届く
我慢できない、今から会いに行くよ

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


イエスタデイ,
アイワズフォーギブンステイウィズマイディアー
イエスタデイ,
アイワズラッフィングオールデイ
イエスタデイ,
ユーワーゼアウィズミー

ソー,トゥデイ
アイロストインマイウェイ
アンドアイロストプレシャスマイディアー
フームドゥーユーシンクアバウトナウ?

スイート,ソースイート
ドントユービリーブミーナウ?
スイート,ソースイート
ゾウアイディサイディドノットトゥリグレット
スイート,ソースイート
ドントユービリーブミーナウ?
スイート.ソースイート
ゾウアイセッドザットラブユーザットマッチ

⇒ Read More

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


もう忘れてしまいそうだよ
あまりにも会えなさ過ぎて
あなたの声も、笑顔も、冗談も

もう忘れてしまったからね
あまりにもいとおしいのに
あなたの涙も、趣味も、口癖も

当たり前のようにあたしより
高いえりあしを、背伸びしておでこを
寄せるの。
何度も、見た、白昼の夢でした。

きっとあなたは何も知りはしないでしょう
隣の可愛いあの子に夢中になって
あたしの小さく火をあげる心には
いつまで経っても知ることはないでしょう
中々独りにさせてくれない夕陽に
我慢しきれず泣いて、
伝わらないのはどうしてだって
もう知っています。

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


今も近いこの距離を縮めずに
明日また笑って逢いたい
幸せな今のままで
この明かりも、声も、心も
何も変わりたくない

テーマ:五行詩 - ジャンル:小説・文学


煙草の煙で目を覚ます午前9時
滅多に見れない午前の朝日を拝む
二度寝もなんだか気色悪い
滅多に吸えない午前の空気を吐く
センスのない喫茶店にいつの間にか
不釣合いなビスクドールですか、あなたは
いつも古いリカちゃん人形の匂いのする
店内のはずが今日は不思議
甘い紅茶の匂いがする
あなたの髪と同じ色
きっとその色はミルクティーを飲み過ぎたんでしょう?
甘さは砂糖じゃ足りない
必死で掻集めた蜜を横取り、なんて悪い人

煙草の煙で目を覚ます午前9時
最近は早起きいつもの朝日を拝む
二度寝だなんてもっての外!
汚れた身体洗い澄んだ空気を吐く
人気のない喫茶店にいつの間にか
不釣合いなアンティークドールですか、あなたは
いつも古いセルロイド人形の匂いのする
店内のはずが今日は不思議
甘い紅茶の匂いがする
あなたの瞳と同じ色
きっとその色は蜂蜜を舐め過ぎたんでしょう?
香りは香水なんかじゃ足りない
必死で掻集めた紅を横取り、なんて悪い人

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

* HOME *
BrownBetty